FC2ブログ
ここでは、月夜による、何も得るモノのない物語が綴られています。              ◆18歳未満の閲覧を禁止します。
確保ーーー!!

     運命よ、そこをどけ


       俺が通る。


                マイケル・ジョーダン




月夜です!

いや~年末ですね~

この時期は意味も無く

ウキウキしてしまいます。

それと同時に、こんな一年で良かったのかな?

と、後悔の気持ちも重くのしかかります。


気にする事ありません!

満足した時点で

人の成長はそこで止まってしまいます。


・・・不満だらけでも人は止まりますけどね。

グスン



FF13買いました!

いや~、朝から行列、本当にお疲れ様です。


まだ、プレイしていませんが、期待したいですね~


FFといえば、インベーダーやパックマンなどの

単純なシステムを楽しむだけだったゲーム界に

濃密なストーリー

深まっていく謎を解き明かす快感

思わず涙を流してしまう感動の演出

主人公とヒロインとのロマンス

笑い、驚き

最近では、映像の美しさ、カッコいいアクション


これらを、限界まで突き詰め構築していった

その時代のハイクオリティを常に先導してきたタイトルです。


音楽も、もはや言うまでも無く名曲ばかり

攻略本などの新たな市場をも開拓していった

まさに、新たな日本文化と言ってもいいゲーム界の

立役者ですからね

そりゃ、期待も膨らみますよ。


ただ、最近のFFは少し不安も感じます。

当たり前の様に発売予定日は延期するし

映像が素晴らしいのはいいけど、

それだけになっていないかと、思える内容の希薄さ・・・


なにせ、厳しい方は6以降をFFと認めてくれませんからねw

7とか9もおもしろいですよ?


それだけ、ゲーム界の未来を背負ってる、人気タイトルという

訳ですからね。

大きな期待に常にさらされるのは、少し可哀想な気もしますね・・・。


でも、どうしてFFって毎回、システムを一新するんでしょうね?

ジョブシステムとかアビリティシステムとか

引き継いでも、全然問題無い程、良く出来たゲーム性があるのに・・・

マテリアシステムも、かなり良いと思いますよ。

新システムなら、全く新しいRPGタイトルで試してもいいと思うんですけどね。

まぁ、常に新しい事に挑戦するのは素晴らしいことですけど。


   アイヴィー姐さん!


これがっ!

ボクのエロですよ!

先輩!!


ソウルキャリバーから

祝福なき血統、

アイヴィーの姐さんを描かせて頂きました。

このお方は、

誇張する必要が全く無い程

公式がエロエロですからねw


た、たまらん・・・


ボクが人生のテーマに掲げている

目標の一つである。

裸よりエロス!

を、見事に具現化したデザイン。

最高です!



 みなさま、

雪など降った時は

交通などお気をつけて



月夜でした!


コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
近頃は寒くなりましたね。
FF13はやってないんですが、
最近おもしろかったのは「フミコの告白」という短編アニメです。
YouTubeなんかで観れます。
いつも関係ない話でごめんなさい。
それでは。
2009/12/18(金) 10:00:59 | URL | おおしま #-[ 編集]
こんにちわ!おおしま様、コメントどうもです!

「フミコの告白」!

偶然ながら、ボクも既に拝見していますねw

確か、ふられてしまった後、走り出して空を飛んじゃうような内容でしたよね。

躍動感溢れる作品でした。


大寒波は半端じゃないですが
お互い風邪など引かぬ様に!

2009/12/18(金) 12:29:24 | URL | 月夜 #leF2ecbc[ 編集]
一部でFF13は液晶などの高画質なテレビじゃないと見づらいとかいうのを聞いたんですが月夜さんのTVは液晶テレビでやってるのでしょうか?
いつか月夜さんにイラスト書いてもらいたいと思います。
2009/12/20(日) 17:16:00 | URL | 波動 #-[ 編集]
波動様!コメントどうもです!

FF13、特に今の所見づらいとは感じてないですね。
ボクのテレビは液晶ではないのですが。

ただ、映像は文句無しで綺麗なので、高画質対応のテレビじゃないと確かに損してるかもしれませんw

イラスト、ここで良ければリクエストお受け致します。

時間がかなりかかるかもしれませんがw
2009/12/20(日) 21:49:36 | URL | 月夜 #leF2ecbc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック