FC2ブログ
ここでは、月夜による、何も得るモノのない物語が綴られています。              ◆18歳未満の閲覧を禁止します。
” 僕 ”
 だっから~ オ、ハヨウって


   言って~ ♪



 月夜です☆



 ■ 突然ですが、ボクは 自分の周りにある

様々なモノに 名前を 付けるのが 趣味です。



 その中の 1つ、冷蔵庫 の レイちゃん こと

  ”アヤナミ”さん の紹介を したいと思います。



名前の由来につきましては、多くの方が 想像している 通りです

言い訳のよちも ございません。



 アヤナミさん は とても いいひ・・・ いい冷蔵庫です。


ボクは 最近の ニュースを 彩っている 食品問題について


 とても 真剣に考えていますが、”理想と現実”は相応にして

  矛盾します。


 ”もったいない” という言葉によって洗脳されている ボクは

*賞味期限を 気にした事が あまり ありません。

   (* 消費期限も同じく )


あきらかに 異臭を はなっている それを、食べる時のボクは

いつも 命がけです。


 「 もう 嫌だ! 食べたくないっ!! 」

と、 心の中で 何度叫んでも


空腹という名の 魔物の、おりなす 不協和音に


ボクは 連戦連敗です。



しかし、そんな時 *彼女は、いつも ( * 冷蔵庫のアヤナミさん )


   『 あなたは 死な ないわ ・・・

            私が マモルもの 』


と 、 ボクを 励ましてくれます。



結果、 何度も 死にかけましたが


 結局 生きています・・・。


いや~ 科学の 勝利ですね♪




 しゃあ!


   イラストの アップ なのだわさっ!!


本日は この方だっ!!


      ' 僕 ”


 乙一先生が ”黒乙一”と 呼ばれる ようになった 決定打!


『 GOTH 』から 主人公 こと、 彼の一人称、” 僕 ” です。 


 彼の名は この作品 の 中でも 最大の”ネタバレ”なので ふせておきます。



■ 乙一先生の作品が、どんどん 漫画化!映画化!!


 されているので、うれしい限りですw


今回公開の 『 傷 』も とても せつなく

素晴らしい作品なので、超おススメです♪


乙一先生は、もともとは 映画を 撮りたくて 作品作りを 始めたそうです。


きっと、今から 23年と 5ヶ月後くらいに 世界を驚愕させる 映像作品を作り上げ


アカデミー賞を 総なめされる事でしょう。


その ニュースを デロデロに酔っ払いながら 世間から 疎まれるだけの人生を

送っている ボクは 偶然 通りがかった 女子高生の会話から その事実を 聞きます。


そして、 電気店の ショウウィンドウに 並ぶ テレビ に かじりつき


「日本が生んだ 偉大なる映画監督」 というタイトルの番組に 出演されている


乙一先生を 見つけ 涙を 流します。


その後、なけなしの貯金を おろし、友人に借金までして


乙一先生が出席される 記念パーティーに 駆けつけます。


「おめでとうございますっ!! ずっと!いやっ!! 今でも大ファンですっ!!!」


ボロボロの手を 差し出す、いたいけな ボク。


「なんだね 君は 汚らわしい!」


「あっ!!」


振り払われる 手 、 床に 倒れる 可愛そうなボク。



なんてこった! ひどいですよ 乙一先生 

それは あんまりですよ。


           僕 ・・・ その視線の 先に


 私の 声が~


  聞こえて ますか~♪


 
 いや~ 宇多田さん の歌は 本当に 良いですね。


最近というか ずっと前から 深夜 一時まで 起きてるのが 当たり前になりました。


 ボクも 大人に なっちまったなぁ・・・


乙一先生 といえば エンターテイメント界 における ライトノベル差別の 現状に 日ごろから嘆いているそうです。


ボクは ライトノベル が好きです。


小さい頃は 小説というモノは 将来、 学者様やお医者様に なられるような

お偉い 方々が 読むモノだと 思っていました。


しかし、 ライトノベルは可愛いイラストが いっぱい載っていて、


とっても よろしい と思います。


昨今の ライトノベルから アニメ化


という 流れも 眼を見張る モノが あり


個人的に テンヤワンヤです。



そういえば、また ひとつ・・・


ライトノベル界の 名作が 終わり を向かえました・・・。



あの、2007年、 月夜が選ぶ 本格ラヴコメ 堂々の 第一位


『陰からマモル!』です。


ひどい・・・ 神 は まだ ボク を 許して はくれない というのか・・・



                                      # 23


零の月は



堕落した ” 7 ”を 冠する者達 を 赦す 気はありません・・・





  どうか・・・


 ・・・ 決断 してください。 


それだけが ”ボク” 達の 願いです・・・



                            ~08/46~ 3.25 



 「それで・・・ 


    彼女 まだ 生きてますか?」


森野 夜
いや~、富樫先生が頑張ってくれると、ボクまで頑張ろう!、という気持ちになるから不思議w

ボクが高校生の時、月曜日の友達との最初のあいさつは・・・

「今日、H×Hあった?」

でした! たぶん、日本の共通語だったと思う。

なんで、流行語大賞候補にあがらないのかな??


イラストのアップ~


富樫先生と同じくらい尊敬している、乙一先生の作品から~



森野 夜



乙一先生の代表作、「GOTH」から、森野 夜です。

ヤンデレ界の頂点だと考えます。

みんながヤンデレを語る時、彼女の名前が出てこないので、ボクが推しときます。

ヤンデレのカテゴリに含まれれば、ですがw

ボクの中では「神」のカテゴリに属するのでww


「GOTH」、読まれてない人は是非読んで下さい。

原作は小説です。

これは、大岩ケンヂ先生が「GOTH」を漫画化する際、描かれた、夜です。

ファンの間では、イメージにピッタリと、大絶賛でした。


おまけ~☆


 ハイネ&ニル (カラー)



前回のドラマCD発売記念のカラー版。

PCは、やっぱムズイ・・・


「私は・・・・・・”逆”よ」